間違っていませんか?…クレジットカードの使い方!

お金に困ってる人って多い!

庶民の悩みって共通してるところが案外あるし多いですよ。旦那の安月給の愚痴とか、家賃が高いだの経費がかかるだの、お金に関する悩みが圧倒的に多いんですよね。あと2、3万が足りないなんて話はよくあります。そうかと思えば10万円用意しなければならないなんて時もあるでしょう。お金が全てではありませんが、大抵のことはお金で片付くことが多いのも事実です。そういう時にクレジットカードを利用する人は、なかなか賢い人だと思いますよ。

カードの正しい使い方

クレジットカードはお金を借りることができる特別なカードです。クレジットカードはカードの持ち主である本人以外は誰も使うことができません。なぜかと言うとカードには暗証番号があり、その暗証番号を知っているのは本人だけだからです。お金を借りた場合、金利がつきます。返済が長期に及ぶほど金利がかかってくるので、短期間のうちに返済できるような計画を立てるといいでしょう。クレジットカードの正しい使い方というものを知っていれば、決して借金苦などにはなりませんよ。

心配ならデビットカード

金欠になった時にクレジットカードを利用する方法が仇になる場合もあります。限度額に達していなければ、何度でも借りることができますから、ついついクレジットカードに頼ってしまう例もあります。実際にクレジットカードを使ったことで返済が出来なくなってしまったという人もいますから、使い方を一歩間違えれば、借金を作ってしまう可能性もあります。クレジットカードはやっぱり心配だという人には、デビットカードがおすすめです。デビットカードならチャージした分しか使えませんから、借金になることはありません。

決済代行とは、クレジットカードによる支払いなどを業者が店に代わって担うことを意味します。店舗側はこれによって、支払い方法を増やすことが可能です。