賢く選ぼう!どの税理士と顧問契約を締結するか

企業は税務申告書の提出が必要

企業は年に1回は税務申告書を国税局や税務署に提出する必要があります。一般に知られているのは財務会計で、上場企業は決算の時に広く一般に公開します。しかし税務申告書を作成する際にベースになるのは税務会計で、企業会計たる財務会計とは違いがあります。この違いを調整するのが難しく、また基準があるもののどれが該当するのかの判断の違いによって企業側と税務署が対立することもしばしばあります。

税理士の仕事にはどのようなものがあるか

そのため日頃から税務会計を意識して経理処理をする必要があります。その上で、処理の方法を確認したり指導してもらったりするために多くの企業では税理士と顧問契約を締結しています。顧問税理士は処理のアドバイス以外にも税務調査が入る際には立会をおこない、税務署の対応をしてくれたり、また税務申告書を提出する際には作成、またはチェックをしてくれて、税務申告書に税理士として署名をしてくれます。このように税務に関しては企業の窓口になってくれる存在です。

企業にとって良い税理士の選び方

かといって税務署と常に対立しているわけではなく、どちらかというと穏便に物事を済ませたいと考える企業も多いです。そのような場合には税理士の選び方にも注意が必要です。例えば国税局を長年務めあげて退官された方が税理士となって事務所を立ち上げることも多いです。そのような税理士は多かれ少なかれ国税局や税務署と人的つながりがあり万が一の場合にはコネをきかせてくれる可能性も高く、税務署と仲好くつきあっていけるのです。

税理なら岡山で探してみる事が最適です。税理士が多く在籍している事務所も多くあり、優秀な方を見つけられます。