資産運用の幅を広げる「信用取引」を知る!

「信用取引」とは、どんな取引?

信用取引とは、現金などを担保(委託保証金)として証券会社に預けることで、その担保合計金額の約3倍の購入資金や株式を借りて売買できる、株式取引のこと。現物取引との大きな違いは、株式を借りて「売り」から取引が始められるところです。

株式を借りて「売り」からとは、どうするの?

通常、現物取引では、安い価格で「買い」、高い価格で「売り」をすることで利益が出ますよね。信用取引で「売り」から始めた場合、次は「売り」の反対売買である「買い」をすることになります。つまり、現物取引とは「逆」の考え方です。高い価格で株式を「売り」、安い価格で「買い戻し(買い)」をすることで利益が出ると言うことですね。

「信用取引」を利用すれば、どんな相場局面でも!?

そうです!信用取引を上手に活用できれば、どんな相場局面でも利益を出すことが可能となります!特に、現物取引や投信積立を中心に資産運用されている方であれば、上昇相場における急落や大暴落に対するリスクヘッジとして、大いに役立ちます。そのうえ、保有中の現物株式はもちろんのこと、証券会社によっては、投信積立の積立金も信用取引の担保(代用有価証券)として使えます!資産運用の幅を広げるには最適な方法と言えるでしょう。

そのほかにも、こんな使い方も

株式の配当金や株主優待が貰える権利が確定する日(権利確定日)の翌営業日の始値は、配当金額分、値が下がることがほとんどです。その値下がり益を狙って「売り」をする方法もあります。俗に言う「つなぎ売り」です。ただし、この場合、必ず下がる保証はありませんので、相場の状況を判断した上で行ってくださいね。

信用取引の担保は、万が一の損失の時に現金の代わりに支払う物となりますので、保険として安心して使えます。