初心者必見!信用取引で株式投資の仕方が変わる!

信用取引でお金を借りて株を買う形がある

信用取引で株を買う時にお金を借りて、手持ちの資金の何倍もの株を買う方法があります。自分の資金や株を担保に借りることができ、この方法を使えば利益を多く出すことができるのです。相場に自信がある時や上昇の方向性が強く出ている時などは、信用取引を利用すると良いでしょう。利益が出るということは損も出るということなので、その点には注意が必要です。損失も倍になってしまうからです。使いどころを間違えないようにしましょう。

信用取引で株を借りることもできる

株の相場は上がることもあれば、下がることもあります。上がるときに株を買って、上がったら売って利益を出すのが一般的な方法です。これとは逆に下がったときに利益を出す方法もあるのです。それが株の空売りになります。信用取引では株を借りることもでき、先に売っておいて後から買い戻す方法が空売りです。売ってから値段が下がって、買い戻せばその分だけ利益が出るという仕組みです。そのためには一旦株を借りて、売る必要があります。空売りの場合、後から必ず買い戻しますという約束があるので、下がらなければ損になります。この信用取引の仕方を知っていると、上げ相場の時でも下げ相場の時でもどちらでも利益を出せるようになるのです。株式市場が下がっているときに、しっかり利益が出せるのがいい点でしょう。ただし、下げ相場の場合は急激な値動きをする場合があるので、その点は注意が必要です。利益が出たら売り抜ける技量がないと、損失を出すリスクもあります。

信用取引の費用は各証券会社で異なりますが、取引を始める前に必ず確認や比較をする事が重視になります。費用には売買費用、金利費用、事務費用などがあげられます。