株は怖くない!初心者が株を始めて儲けるまでにするべきこと!

株を始めてから学ぶとよい

初心者が株を始めてからするべきことは学ぶことです。株については学ぶことが重要になってきます。始める前に学べばいいのではないかと疑問に思うかもしれませんが、始めてから学んでも遅くないのです。株を始めてみないと分からないことがたくさんあるのも事実です。本に書いてあるから理論的には分かっていても、感情的に分からないことがあります。それがお金をかけているという感覚です。お金をかけているから、怖かったり、興奮したりしてしまうのです。そのような感情は本に書いてあるだけでは理解できません。ですから、株を初めてから、学ぶとよく分かるのです。人間は感情の生き物ですので、株をどんなに論理的に進めようとしても感情が入ってきます。株を始めてから学ぶことでより深く理解できるのです。

初心者はコツコツと株にお金を投資すること

株を始めるのだから、大きく儲けたいというのは分かります。ですが、初心者が大きく投資してもいいことはありません。小さく投資してコツコツ儲けましょう。その間に、なぜ儲けられたのかが理解できるようになります。この理解が株では大事になります。理解できないで儲けている間は、将来損をする可能性が高いのです。なぜ儲けられたのかを理解して、次の機会には同じように行動できるようになるまで小さく投資します。コツコツ投資していると、いつの間に大きな資金になります。その間に学んだ知識を利用して、大きく儲ける銘柄を探しておくとよいでしょう。そこまでできれば、儲けられる確率がぐんと上がります。株はギャンブルではないので、相場のことを理解できれば儲けるチャンスがあるのです。

信用取引には金利が発生するので、株式の信用取引に関しても金利が発生します。また、証券会社によって株式の信用取引の金利は異なるので、事前に確認が必要です。