無理して通学するな!通信制高校なら自宅学習で高校卒業資格が得られる

イジメ対策として通信制高校は有効

中学や高校でイジメなどを受け、学校へ通うことが困窮な場合の選択肢として通信制高校は有効です。イジメを受けても家族や先生に相談できないのが思春期、知られることさえ嫌うためイジメを受けても我慢して子供は学校へ通います。中学でイジメを受ける生徒は、環境を変えなければ、高校へ進学してもイジメを受け続けることになります。現在のイジメは家庭等が解決出来るレベルではなく、悪質かつ潜在化しているため、警察が刑事事件として扱わなければイジメ問題は解決出来ません。学校は自治権により警察の介入を嫌がり、警察も少年問題には慎重になるため、個人レベルでイジメに対処しなくてはなりません。
イジメを受けたら、イジメを助長させない為に学校へ行かないことが大事です。イジメなど他者によって将来を狭めることは不本意、自宅に居ながら明るい将来に希望を見出すには、自宅学習で高校卒業資格が得られる通信制高校が最適です。

同級生と同じ年に大学進学が可能

通信制高校は、年に数度だけ学校へ通いテストや講義を受けるスクーリングが必要があるところと、ないところがあります。スクーリングがあっても、自宅から遠い学校であればイジメの加害者に会うリスクはなく、高校で友人を作りたいと考えているなら部活動や修学旅行など行事が盛んな通信制高校へ通えば良いです。高校卒業資格を得るのですから、通信制高校でも普通高校と同様に3年以上学ばなくてはなりません。3年で卒業できれば、中学の同級生と同じ年に大学進学が可能、たとえ進学が数年遅れても世の中には10万人ほどの浪人生がおり、数年の遅れは大したことではありません。通信制高校の選択肢があることで、将来に希望を持ち、現状打破にも繋がります。

熊本県には様々な通信制高校が存在します。登校日数が少ない学校、スポーツが強い学校、専門学校のある学校など様々です。バドミントンが強い通信制高校なら熊本と言えるほど、全国大会で優秀な成績を収めています。