高校選び、失敗したかも‥あり?なし?高校を転校するという選択

転校することはできるんです‥

高校へ入ってから転校するという選択肢は、結論から言うとありです。親の転勤や引越しによって転校を余儀なくされる人が、引越し先エリアの高校に転校できることはもちろんのこと、自己都合による転校も可能です。

高校へ入学してしばらく経つと、人間関係や学習面、学校の雰囲気など、様々な理由で学校を変わりたいと思う人がいます。転校したいと思った時、まず一番最初に考えなければいけないのは、転校する理由です。入学試験の面接でも最もよく聞かれることですが、動機は最も重要です。転校先を選ぶ基準にもつながりますので、合わせて考えておくべき事項です。

一番よくあるものが、進路の変更です。進路実現のために最適な学校が他にある場合は、理由が認められやすくなります。

転校できる高校とできない高校がある

公立の高校であれば、都道府県によって基準が違うのでよく確かめる必要があります。公立高校での転校で一番肝心なのはカリキュラムの互換性です。普通科から商業科へというように、違う学科を選ぶことはできない場合が多いです。カリキュラム上必要となる単位が違うので、同じ学年には転入できません。一年生から入り直すことになります。単位制高校は、カリキュラムを学校ごとの自由裁量にしてあり、選択授業が多いので途中転入しやすいです。

私立の高校は、誤解を恐れずに言えば転入先の高校にメリットがあれば転入させてもらえる可能性が高いです。これは、高校入試の時と同じと考えてよいです。入りたい高校には自分から積極的にアプローチをすることが大切で、半年くらいかけて学校見学や転入相談に行っておくことが必須です。一つに絞らず、いくつかの高校を候補にしておくことも必須です。

高校を転校する時には単位の引き継ぎを忘れてはいけません。単位は次の高校にも引き継ぐ事が可能ですので、卒業が楽になります。