高校中退でも色々な方法で就職と進学が選べる

高校中退なら早い段階で手に職をつけることが可能

高校に進学した後、目的が異なっていたり体調不良など様々な問題で退学や中退する人もいます。履歴書上に高校の退学と中退の件は記載できますが、就職等するときの扱いは中学卒業と同じです。就職先を見つけたいときは、中卒可能としている企業を探す必要があります。中卒と言っても、事務職を始め色々な職種につけるので心配はいりません。ポイントは年齢が若いうちに職に就くため、手に技術を早くから身に付けることが強みとなることです。事務職の場合でも、資格を取得することで受け持てる仕事の幅が広がります。手に職をつけさせることを目的として、なるべく若いうちに雇用したい企業もあるのでよく調べることが大切です。

資格を取れば高卒と同じ就職が可能

高校中退後、高校以外の専門学校等に入学することもできます。専門学校に通うことで、就職できる職種も広がるでしょう。高校中退で気をつけることは、高校を卒業していることを必須としている専門学校もあることです。中退している場合、入学できるのは中卒から入学できるタイプの専門学校です。
高校卒業資格が必要な場合は、高校に入り直す他にも方法があります。高校卒業程度認定試験や高校卒業資格を取得することです。高校卒業程度認定試験は、卒業の資格は持てませんが高校卒業した人と同じ学力があるという証明になります。高校卒業資格は、高校を普通に3年間通って卒業した人のように最終学歴として認められる資格です。資格を取ることによって、高校に通わなくても就職や進学することができます。

高校中退とは高校を卒業せず、何かしらの事情があり退学を余儀なくされることです。不登校や親の不幸、経済的事情など様々ですが、高卒認定を授与する、といった彼らをサポートする動きもあります。